不滅のワイドショー

かつて少女だった頃、ワイドショーや週刊誌などは下世話なおばさんたちのためのものだと思っていた。話題が芸能人のスキャンダルや皇室などで少女だった私には関係ないものだと思っていたのだ。芸能人の話題に関しては無縁というわけにはいかなかったが少なくとも皇室については何故おばさんたちがあそこまで皇室によくも悪くもこだわり続けるのかが私にはわからなかった。

時がたち、私も少女たちからおばさんと言われる年齢になった。40代は立派なおばさんだ。そのおばさんになった私たちだがかつては皇室にさほど興味を示していなかったはずなのに気がつけばおばさん仕草で下世話に皇室を話題にしている友達に引いてしまった。あんなに遠いと思ってたワイドショーや週刊誌的な価値観が具現化されていたという辛み。ヤフコメの具現化ほど辛いことはない。

真偽が定かでない話を元にそれがさも既成事実であるかのようにして下世話に進む会話に耐えられなかった。これはかつて眉を潜めていたおばさん仕草である。私たちは赤の他人の家のことをどれ程よく知っているというのだろうか。税金で暮らしてるんだから口出ししていい権利があると何故勘違いできるのだろうか。私たち庶民の生活だって多かれ少なかれ税金は投入されているというのに。ああ、だから誰もが他人の生き方に口出ししても許されるということか。そんなことなんて絶対にないのに。

「私がもし友達だったら」云々なんて大きなお世話である。何故なら私たちは彼女の友達ではないのだから。赤の他人なのだ。

かつては遠い存在だったワイドショーや週刊誌的な価値観を装備していく様は辛い。そしてそれはあんなに嫌だなと感じているそれらが決してなくなることがないことも示している。世代が替わっても尚、その価値観が継承されてるのだから。なくなることを望む人たちは私が思ってるよりずっと少ないのかもしれない。

なんだかとても寂しいなあと思うし悲しいなあとも思うのだ。私たち、同じものを見ていたはずなのにね。

ちむどんどん

本日無事に最終回を迎えたわけだけど、ちょっとあまりにも外野の場外乱闘がひどかったなあというのが最後まで気になってたまりませんでした。かなり早い段階で反省会タグができて、そこでなら何言ってもいいみたいな空気になってどんどん先鋭化していく様はちょっとあまりにもひどいなあと。私自身はちむどんどんに対して可もなく不可もなくというか、いいとこもあればちょっとどうなってるわけよみたいなツッコミしかないとこもあってそこら辺は大きく好みがわかれるだろうなあと思ってます。にーにー周りでやたらと裏社会がちらつくあたりも好みはわかれそうだしね。そりゃしゃーないわみたいなね。

しかしだからといって度を越えた誹謗中傷が許されることはないと思います。なんかさー声が大きい人が「叩いてもよし!」の号令かけたら何言ってもいいと思ってない?そんなわけないじゃん。

でもさー何が嫌って数年後にはちむどんどんを叩き棒にして他の朝ドラを腐す人たちが出てくるだろうってこと。事実、過去に反省会タグで盛り上がった朝ドラのことをを「○○を再評価する時がくるなんて」「××が最低の朝ドラだと思ってたけどまさかそれを更新するなんて」云々とtweetしてる人がいて「いやいやいやあなたどれだけ口汚く罵ってきたと思ってるのよ」とあきれたものでした。もう叩ければ何でもいいんじゃん…。

すごくすごく気になってるのが悪口言うために視聴する人たちが一定数いること。「Aさんと一緒になら苦痛なドラマも視聴できる」「見た後に一緒にダメ出しするために視聴してる」みたいな人って本当にいるんだなあって。その時間不毛じゃないですか?好きなことのために使ったほうのがよくない?そのほうのがずっとずっと楽しくない?視聴するのが苦行ならやめたほうのが精神的にもよくない?って思うんだけど、この手の人たちは悪口で連帯することが楽しくってたまらないからやめないんだろうなあ。なんかそれってすっごく嫌な感じだなって私は思ってしまう。連帯するなら好きなことでつながる方のがずっとずっと楽しいよ。

そんな感じでまあタグが荒れに荒れてたので途中から感想書くのもどうしたものかなと思ってたら、反省会タグに人に「こっち側の人間」みたいに解釈されて絡まれたことがあってそれ以来感想が書きにくくなりました。軽いツッコミのつもりで書いても反省会タグのテンションで絡まれると困るもん…。

AKは荒れやすいとはいえちょっと異様なテンションだったなあと思います。誹謗中傷と批評は違うよ。願わくばこういう暴走はこれで最後にして欲しい。今までも色々あったけどやっぱりおかしいもん。

本筋からは離れた話になったけど、エンタメは楽しく摂取したいなあって改めて思いました。エンタメはパワーだよ。負のパワーに変換はしたくはないな。

 

カムカムエヴリバディ

3世代100年を描いた物語が幕を閉じた。役者は素晴らしかったし見所のシーンは見応えがあり、多いに楽しんだのと同時に物語が進むにつれ、気になる面も増えてきたのも事実である。

見終わったからこそ思うのだが、物語の中心はるいであり、るいを軸に考えられたのは間違いない。それ故に3代目であるひなたは割を食ってしまったのが残念である。ヒロインの娘役ならこの扱いでも私は納得するがひなたはヒロインなのである。ひなた編と銘打つならひなたの人生を描いて欲しかった。飽きっぽくて長続きしなかった子が大人になってから自力で英語を学び、やがて世界へと旅立つんだなんてそんなワクワクした話、駆け足じゃなくもっとしっかり見たいに決まってるじゃないですか。

カムカムは企画段階でどのような予定で実際具現化するにあたってどのように変化していったのかが気になるところでもある。当初はラジオ英会話を巡る母娘3世代100年の物語であったはずがるいを中心にあんことジャズの物語へと変貌を遂げている。解析度が高いところと低いところが出てくるのはあるあるだしいいのだがテーマが期待してたところから微妙にずれていったのはどうしてなのだろうか。ドラマはチームで作るものである。優れた脚本家一人で作るものではない。それ故にチームとしてどう方向性が変わっていったのか等は気にはなる。

予定してた構成と設定をきっちり守るタイプの物語であったカムカム。しかし、回収は物語を推進するためのものである、回収のために物語があるのではない。回収は手段であり目的ではないのだ。回収そのものが目的に見えてしまったのが残念である。

安子編は時代的なこともあり、家父長制による抑圧に苦しめられていた。きっと後々への布石だろうと思っていたが女に厳しく男に甘いのは最後まで変わらなかった。家父長制による抑圧から時代を経て解放される物語ではなかった。結局、安子とるいを引き離すための装置のひとつとしてしか家父長制が描かれることはなかった。千吉も勇も算太も作中で咎められることはなくそれらについてハッキリと謝ることもしなかった。反対に雪衣は必要以上に懺悔をしていた。私は彼女もまた、家父長制の犠牲者の一人だと思うので何故このような仕打ちなのかと疑問である。

ぐちゃぐちゃ書いてはきたけど、楽しんではいたんですよ。楽しくなかったら最後まで見ないもん。ふかっちゃんは素晴らしい役者だ。じっくり見れてよかった。

カムカムはTLでも意見が割れててそれが面白くもあった。自分で作るTLだからそんな大きく割れることはよくあるわけじゃない。しかしカムカムは違った。それがとても興味深かった。安子編ラストについては私は憔悴しきってたとこで駄目押しで心が折れちゃったんだなと同情的に見てたがそうではない意見もあった。逆に私は算太は最後まで語らず懺悔もしなかったどころか、ジョーの音楽復帰へのきっかけとなるラストダンスのシーンまで用意されてたことにないわーと思ったが算太は川に投げ込む程ではないという意見もあった。本当にバラバラだったのよね。それが何だかすごいなーって思うし面白いのだ。検索して反対意見を探しにいってではなくというとこがね。何だかんだで楽しませてはもらえました。

あの頃の未来に私たちはいるのか

モヤモヤしてたことをぽつりぽつりとTwitterでつぶやいていたんだけどちょっとこれはまとまった文章で書いたほうのがいいのかなと思って久々にはてなで文章を書くことにした。その方のがより整理できるのかなと思ったので。6年近くあけてはてな再びだよ。

 

私はいわゆるロスジェネ世代である。上の世代と比べて不遇さを感じて社会へ出て行った人たちは多い。そしてその後の世代との差でも不遇も感じている。そんな私たちであるがもう立派な大人と呼ばれる年代である。いつまでも子供のままではいられない。それぞれいる場所は違えど大人としての振る舞いを求められる年代である。

そう考えた時、何でもかんでも面白おかしくネタとして消費していくスタイルや冷笑している様は果たして大人としてふさわしい振る舞いなのだろうか。真偽のわからない他人のゴシップネタをさも真実であるかのように受け止めて愉快に笑い飛ばしていくのは果たして大人がやることなのだろうか。真剣に考える人たちに対して冷笑するのはかっこいい大人の姿なのだろうか。私たちはそういう大人になりたかったのだろうか。

何でもかんでもネタにするのは私は間違ってたと思う。私たちがネタにしてきたことの中には自分の傷ついたことだったり悔しかったことだったり怒りだったりも含まれてきた。そういう時、ネタ化することによって昇華できることもあるのは確かであるが本当はその時の気持ちをそのまま大事にすべきだったんだと思う。笑い飛ばして「こんなの大したことないよ」ってすべきではなかった。

他人をコンテンツ化して消費すべきでもなかった。他人もまた自分と同じく人間なのだから。ネタにするにしてもしていいことといけないことがある。その線引きを大人として自覚すべきであった。私たちはもういい年した大人なのだから。子供ではないのだ。子供たちが見て恥ずかしくない背中を見せるべき年代なのだ。

同じように笑いあって同じ景色を見てきたはずの人たちを遠くに感じる寂しさを嚙み締めている。あの頃思い描いていた未来はどこへ行ったのか。ちゃんと近づけているのか。正直わからない。

もしかしなくても世間は思っている以上に自分にかかわりのないことに興味関心を抱かないものかもしれない。それをよく知っていたはずの人たちから突き付けられるのはきつい。自分と直接かかわりのあることは積極的に調べるし嘆くがそうではないことはスルー。スルースキルは大切だがそれって大事なものが零れ落ちていくことにもつながらないかな。だってある人にとって大切な問題でも他人にとってはそうではないからと知らんぷりを続けるならばそんな社会ってどうよって思うもん。でも自己責任論が蔓延る社会ではそれが当たり前になっていくのかもしれない。

面白おかしくできちゃう話には飛びつくが「明日は我が身よ」みたいな話は簡単にスルーされちゃう。いまいちピンとこないし面白くも何にもないもんね。あるかないかわかんない辛気臭くて笑い飛ばせない話より瞬間風速的に面白おかしくできちゃうことのが大事とかちょっと笑えない。なぜなら私たちはもう社会を担う大人の1人だから。大人に庇護されてる子供ではないのだから。そんな風に面白おかしく茶化して終わりにしていいわけがないのだ。

私たちは生まれてくる場所を選べない。努力でどうにかなること努力でどうにもならいこと選べること選べないことが無数にある。だからそこに自己責任論を持ってくるのは非常に危ういと思う。社会は何のために存在するのか。

 

あーなんか悲しいなあ。色んな事ぐるぐる考えてみたけどやっぱりそこに行きつく。私悲しいんだよね。物理的な距離が心理的な距離を生んでしまったのかもしれないがそれにしてもこの分断がきついし悲しい。私たちはわかりあうために生まれてきたのに。わかりあえないかもしれないがわかりあえないことをわかりあうくらいの夢は持っていたい。

西日本 男子編

シニア男子編

  • 西日本3日間の中でもっとも会場がひとつになった演技が耕新くんのFSでした。今、この瞬間に立ち会えたことに幸せを感じるスケートでした。会場総立ちのスタオベで素晴らしかったです。見に行ってよかったな、そう心から感じる演技でした。フィギュアスケートって素晴らしい。全日本でもぜひともこの演技が見られますように。でもってテレビ放送にのりますように。お願い、フジテレビ。
  • 耕新くんといえば、社会人スケーターなんですよね。学生生活を終える時、一度引退したものの再び全日本を目指して復帰してくれたことを嬉しく思います。圧倒的に学生スケーターが多い中、社会人との二足のわらじはとても大変だと思うけど頑張ってほしいな。でもってそれに続く選手がもっと出てくるといいなあ。とても大変なことだけど。
  • 耕新くんの神演技のあとで難しい滑走順であっただろう龍樹くん。しかしこの日の彼は違いました。ミスはあったものの、最後まで集中力を切らさず滑りきっていました。何かが変わりつつあるのかなあという感じ。確変くるといいなあ。
  • ミスはあれども素晴らしかったのは刑事くんも。とにかく動きにキレがあってかっこよかったです。ステップの見せ方とかステキ。よく集中してたなあと思いました。階段をまた一つ上ったのかなあとも感じました。ぜひともNHK杯でいい演技ができますように。

ジュニア男子編

  • 全日本で表彰台を目指すため、FSは4Tと3A2本構成にするといっていた草太くん。西日本はチャレンジするにはちょうどいい大会じゃないのかなと思ってたら案の定挑んできてました。本番ではうまくはいかなかったけど6分練習でオーバーターンが入ったとはいえ4T3Tを着氷してたのはビックリでした。SPもFSもミスはあったものの、ミスを引きずらずにまとめきってたあたりに頼もしさを感じます。2年くらい前は爆走スケートを抑えきれずに突っ走ってたのになあ。この年代はあっという間に成長していっちゃうからビックリだ。
  • 高志郎くんはとにかくチャップリンがかわいくてかわいくてねえ。ジャッジアピールばっちし。この年齢でちゃんとお客さんとコンタクトを取りながら演技できるのってすごいなあ。演じるのが好きなのかな。将来性ばっちりで今後が楽しみな選手の一人。
  • 星南くんは高志郎くんとはまたタイプが違う表現をする選手だなあと思いました。演じるというよりも音楽をそのものを滑りで表現するタイプなのかなあと。表現することに照れとかためらいがないように見えるのは心強いよなあ。
  • 岡山っ子3人はそれぞれタイプが違って面白いんだけど、木斗くんの男っぽい力強いスケートはいい個性だなあと思います。この年代では他ではいないと思うし。無良くんっぽいなあと思ったら無良パパがコーチだと知って納得。
  • 須本くんはよくいえばノーブル、悪くいえば淡々としたスケートがどう変化していくのかが気になるところです。今の感じを極めていって個性にするのか、新たな色を獲得していくのか。まだまだこれからの選手なのでそういうのを見守れるのも楽しみのひとつかなーという感じ。表現面がどう伸びてくのかちょっと気になるかな。
  • 太一くんは昨シーズンは怪我もあったし体が大きくなってきて色々難しい面もあっただろうなあと思うけど今の自分にできることを最大限出していこうって頑張ってる様子がよかったです。SPとFS、両方そろえてきたのは頼もしいところ。JGPSより調子上げてきてていい感じ。
  • 山本たかゆきくんほどスピンで観客を魅了できる男子スケーターはそうはいないと思います。あのスピンは極上。スピンで観客があんなに沸くのってそんなにないよ。もっともっと大勢のお客さんに見て欲しい、そんなスケーターです。
  • 友野くんが4S認定レベルにまで持ってきててすごいなあって思いました。3Aの成功率が上がってるのも頼もしいところ。ジャンプの着氷が流れないのが惜しいなって思うものの、確実に階段登ってきてますよね。あとはなんといっても友野ワールドが確立されてるのがいいんですよ。そういうのってできそうでいてとても難しいことだと思うから。
  • 太一郎くんが大きくなっていてビックリしました。去年はもっと子供っぽかったのに。よそんちのお子さんってあっという間に大きくなってしまいますね。滑りも去年とは全然違っていて驚きました。

西日本 シニア女子・ペア編

シニア女子編

  • ジュニアの選手とシニアの選手、何が違うってやっぱり滑りそのものなのかなーって改めて感じました。あとは表現かな。振付をきちんと自分の中で咀嚼してそれをジャッジや観客に伝わるように見せることができるのがシニアの強みなんだろうなあと。ジャンプ構成だけで見れば、ジュニアの選手のほうがかってたりするのが女子フィギュアだけど*1滑りこんできた時間によって培ってきた武器はやっぱりシニア選手の素晴らしさなのですよね。
  • 今季は国内はシニア転向をしたゆらちゃん。さらっとノーミスをして西日本初優勝を飾りました。ゆらちゃんといえば、いつでもノーミスができる素晴らしい選手だけどジャンプが低くて回転不足との戦いという感じだったのがジャンプが高くなっていてビックリしました。あー努力したんだなあって。1月にインハイで見た時よりも更にジャンプがよくなっているように感じました。ジャッジアピールばっちしでステキ。気がついたら立派なシニアスケーターになっていたんだなあと思うと感慨深いです。
  • 木原さんはSPとFS、雰囲気が全く違うプロを持ってきてるんだけどその演じ分けがステキだなあって思いました。FSでは前半最後のアクセルジャンプがうまくいかなかったところに最後の最後で2A3T跳んできたのにはビックリ。リカバリばっちりですな。NHK杯がとっても楽しみになりました。
  • 雅ちゃんの体がやや重そうなのが気になるところ。ううーーん、どうしたんだろ。中部ブロックでもそう感じたんだよなあ。とはいえ、久しぶりに3Lzを入れた5種トリプル構成にしてきたのには期待したいです。西日本での悔しさを全日本で晴らして欲しいな。FSのナルニア国物語は印象的な振り付けもあって中々いい感じだし。
  • 全日本初出場を決めた美菜ちゃん。おめでとうおめでとう。私は彼女のスピンが大好きなので全日本の大きな会場でたくさんのお客さん達が目にするのが本当に楽しみです。できれば放送に乗ってほしいけどどうかなー。お願い、フジテレビ。

ペア編

  • ジュニアペア3組のシニアペア4組、計7組出場でなんだか胸熱でした。日本の競技環境的にカップル競技は難しい部分もあるなか、頑張ってるんだなあと思うとねえ。カップル競技については不勉強な部分が多くまだまだわからないことだらけだけどステキなカップルがいっぱいで着るといいなあ、続くといいなあと願うばかり。
  • 三浦市橋組は思っている以上にちゃんとペアとして形になっていたことに驚きました。すごいなあ。彼らはシングルスケーターとの2足のわらじなのですごくすごく大変だと思うのですが*2、どちらも中途半端にしないように頑張って姿はすごいなあと思います。
  • 解散が発表されてしまったけれど、成ザボ悪くはなかったのになあって残念です。成美ちゃんのリフトはやっぱり美しくて氷上で輝いてました。それだけに続けることができなくなってしまったのがもったいなくて。今後どうするのかなあ。
  • 海龍が思っていたよりよくてよかったなあって思いました。今季は無理せずできることをやっていく基礎固めのシーズンなのかなって演技見てて感じましたが、二人の滑りの雰囲気もあってるからいいペアに育ちそう。平昌に向けて一歩一歩やっていくための大事なシーズンにしたいんだろうなあ。木原くんがペア男子として海羽ちゃんを引っ張っていっててたのもしそうで何よりです。なんといっても生き生きとして楽しそうなのも見てて嬉しいな。海羽ちゃんはシングル時代に5種トリプルまで跳んでいた選手なのでジャンプ面で不安がないのは強みかな。
  • すみオデは思ってるより完成度高くていいなあと思いました。今季の日本ペア一番手になるのかな。すみれちゃんがちょっと軸まずったかなっていうスロージャンプでも降りれちゃうのがいいよねえ。

*1:十代半ばの体型変化によって女子選手はジャンプが崩れることが多いので。これは避けては通れない道。

*2:市橋くんは西日本ジュニア男子の試合とかけもちだったのでFSの日は1日でシングルとペア、両方滑っててしんどそうでした。お疲れ様。

西日本 ジュニア女子編

フィギュアスケートの全日本の1次予選がブロック大会、2次予選が東西選手権になっています。今シーズンの西日本選手権が愛知県開催という事で観戦してきました。全日本出場をかけた熱い戦いはとっても見応えがあって面白かったです。今、この瞬間に立ち会う事ができて幸せだって感じる演技を見ることができてすごくすごく嬉しかったです。
今もっとも熱い戦いは女子ジュニアであるといっても過言ではないくらい人材豊富な日本のジュニア女子。ロシアンにも負けないくらい競技レベルが高く見応え抜群でした。ジュニアだからといってレベルが劣るかといったらそんなことは全くございません。技術レベルの高さに震えるくらい。日本女子フィギュアは再び黄金時代を迎えるのだという事に心躍るばかりです。当然、西日本でも熱き戦いが繰り広げられたのです。
以下覚書。長いです。

続きを読む