西日本 男子編

シニア男子編

  • 西日本3日間の中でもっとも会場がひとつになった演技が耕新くんのFSでした。今、この瞬間に立ち会えたことに幸せを感じるスケートでした。会場総立ちのスタオベで素晴らしかったです。見に行ってよかったな、そう心から感じる演技でした。フィギュアスケートって素晴らしい。全日本でもぜひともこの演技が見られますように。でもってテレビ放送にのりますように。お願い、フジテレビ。
  • 耕新くんといえば、社会人スケーターなんですよね。学生生活を終える時、一度引退したものの再び全日本を目指して復帰してくれたことを嬉しく思います。圧倒的に学生スケーターが多い中、社会人との二足のわらじはとても大変だと思うけど頑張ってほしいな。でもってそれに続く選手がもっと出てくるといいなあ。とても大変なことだけど。
  • 耕新くんの神演技のあとで難しい滑走順であっただろう龍樹くん。しかしこの日の彼は違いました。ミスはあったものの、最後まで集中力を切らさず滑りきっていました。何かが変わりつつあるのかなあという感じ。確変くるといいなあ。
  • ミスはあれども素晴らしかったのは刑事くんも。とにかく動きにキレがあってかっこよかったです。ステップの見せ方とかステキ。よく集中してたなあと思いました。階段をまた一つ上ったのかなあとも感じました。ぜひともNHK杯でいい演技ができますように。

ジュニア男子編

  • 全日本で表彰台を目指すため、FSは4Tと3A2本構成にするといっていた草太くん。西日本はチャレンジするにはちょうどいい大会じゃないのかなと思ってたら案の定挑んできてました。本番ではうまくはいかなかったけど6分練習でオーバーターンが入ったとはいえ4T3Tを着氷してたのはビックリでした。SPもFSもミスはあったものの、ミスを引きずらずにまとめきってたあたりに頼もしさを感じます。2年くらい前は爆走スケートを抑えきれずに突っ走ってたのになあ。この年代はあっという間に成長していっちゃうからビックリだ。
  • 高志郎くんはとにかくチャップリンがかわいくてかわいくてねえ。ジャッジアピールばっちし。この年齢でちゃんとお客さんとコンタクトを取りながら演技できるのってすごいなあ。演じるのが好きなのかな。将来性ばっちりで今後が楽しみな選手の一人。
  • 星南くんは高志郎くんとはまたタイプが違う表現をする選手だなあと思いました。演じるというよりも音楽をそのものを滑りで表現するタイプなのかなあと。表現することに照れとかためらいがないように見えるのは心強いよなあ。
  • 岡山っ子3人はそれぞれタイプが違って面白いんだけど、木斗くんの男っぽい力強いスケートはいい個性だなあと思います。この年代では他ではいないと思うし。無良くんっぽいなあと思ったら無良パパがコーチだと知って納得。
  • 須本くんはよくいえばノーブル、悪くいえば淡々としたスケートがどう変化していくのかが気になるところです。今の感じを極めていって個性にするのか、新たな色を獲得していくのか。まだまだこれからの選手なのでそういうのを見守れるのも楽しみのひとつかなーという感じ。表現面がどう伸びてくのかちょっと気になるかな。
  • 太一くんは昨シーズンは怪我もあったし体が大きくなってきて色々難しい面もあっただろうなあと思うけど今の自分にできることを最大限出していこうって頑張ってる様子がよかったです。SPとFS、両方そろえてきたのは頼もしいところ。JGPSより調子上げてきてていい感じ。
  • 山本たかゆきくんほどスピンで観客を魅了できる男子スケーターはそうはいないと思います。あのスピンは極上。スピンで観客があんなに沸くのってそんなにないよ。もっともっと大勢のお客さんに見て欲しい、そんなスケーターです。
  • 友野くんが4S認定レベルにまで持ってきててすごいなあって思いました。3Aの成功率が上がってるのも頼もしいところ。ジャンプの着氷が流れないのが惜しいなって思うものの、確実に階段登ってきてますよね。あとはなんといっても友野ワールドが確立されてるのがいいんですよ。そういうのってできそうでいてとても難しいことだと思うから。
  • 太一郎くんが大きくなっていてビックリしました。去年はもっと子供っぽかったのに。よそんちのお子さんってあっという間に大きくなってしまいますね。滑りも去年とは全然違っていて驚きました。

西日本 シニア女子・ペア編

シニア女子編

  • ジュニアの選手とシニアの選手、何が違うってやっぱり滑りそのものなのかなーって改めて感じました。あとは表現かな。振付をきちんと自分の中で咀嚼してそれをジャッジや観客に伝わるように見せることができるのがシニアの強みなんだろうなあと。ジャンプ構成だけで見れば、ジュニアの選手のほうがかってたりするのが女子フィギュアだけど*1滑りこんできた時間によって培ってきた武器はやっぱりシニア選手の素晴らしさなのですよね。
  • 今季は国内はシニア転向をしたゆらちゃん。さらっとノーミスをして西日本初優勝を飾りました。ゆらちゃんといえば、いつでもノーミスができる素晴らしい選手だけどジャンプが低くて回転不足との戦いという感じだったのがジャンプが高くなっていてビックリしました。あー努力したんだなあって。1月にインハイで見た時よりも更にジャンプがよくなっているように感じました。ジャッジアピールばっちしでステキ。気がついたら立派なシニアスケーターになっていたんだなあと思うと感慨深いです。
  • 木原さんはSPとFS、雰囲気が全く違うプロを持ってきてるんだけどその演じ分けがステキだなあって思いました。FSでは前半最後のアクセルジャンプがうまくいかなかったところに最後の最後で2A3T跳んできたのにはビックリ。リカバリばっちりですな。NHK杯がとっても楽しみになりました。
  • 雅ちゃんの体がやや重そうなのが気になるところ。ううーーん、どうしたんだろ。中部ブロックでもそう感じたんだよなあ。とはいえ、久しぶりに3Lzを入れた5種トリプル構成にしてきたのには期待したいです。西日本での悔しさを全日本で晴らして欲しいな。FSのナルニア国物語は印象的な振り付けもあって中々いい感じだし。
  • 全日本初出場を決めた美菜ちゃん。おめでとうおめでとう。私は彼女のスピンが大好きなので全日本の大きな会場でたくさんのお客さん達が目にするのが本当に楽しみです。できれば放送に乗ってほしいけどどうかなー。お願い、フジテレビ。

ペア編

  • ジュニアペア3組のシニアペア4組、計7組出場でなんだか胸熱でした。日本の競技環境的にカップル競技は難しい部分もあるなか、頑張ってるんだなあと思うとねえ。カップル競技については不勉強な部分が多くまだまだわからないことだらけだけどステキなカップルがいっぱいで着るといいなあ、続くといいなあと願うばかり。
  • 三浦市橋組は思っている以上にちゃんとペアとして形になっていたことに驚きました。すごいなあ。彼らはシングルスケーターとの2足のわらじなのですごくすごく大変だと思うのですが*2、どちらも中途半端にしないように頑張って姿はすごいなあと思います。
  • 解散が発表されてしまったけれど、成ザボ悪くはなかったのになあって残念です。成美ちゃんのリフトはやっぱり美しくて氷上で輝いてました。それだけに続けることができなくなってしまったのがもったいなくて。今後どうするのかなあ。
  • 海龍が思っていたよりよくてよかったなあって思いました。今季は無理せずできることをやっていく基礎固めのシーズンなのかなって演技見てて感じましたが、二人の滑りの雰囲気もあってるからいいペアに育ちそう。平昌に向けて一歩一歩やっていくための大事なシーズンにしたいんだろうなあ。木原くんがペア男子として海羽ちゃんを引っ張っていっててたのもしそうで何よりです。なんといっても生き生きとして楽しそうなのも見てて嬉しいな。海羽ちゃんはシングル時代に5種トリプルまで跳んでいた選手なのでジャンプ面で不安がないのは強みかな。
  • すみオデは思ってるより完成度高くていいなあと思いました。今季の日本ペア一番手になるのかな。すみれちゃんがちょっと軸まずったかなっていうスロージャンプでも降りれちゃうのがいいよねえ。

*1:十代半ばの体型変化によって女子選手はジャンプが崩れることが多いので。これは避けては通れない道。

*2:市橋くんは西日本ジュニア男子の試合とかけもちだったのでFSの日は1日でシングルとペア、両方滑っててしんどそうでした。お疲れ様。

西日本 ジュニア女子編

フィギュアスケートの全日本の1次予選がブロック大会、2次予選が東西選手権になっています。今シーズンの西日本選手権が愛知県開催という事で観戦してきました。全日本出場をかけた熱い戦いはとっても見応えがあって面白かったです。今、この瞬間に立ち会う事ができて幸せだって感じる演技を見ることができてすごくすごく嬉しかったです。
今もっとも熱い戦いは女子ジュニアであるといっても過言ではないくらい人材豊富な日本のジュニア女子。ロシアンにも負けないくらい競技レベルが高く見応え抜群でした。ジュニアだからといってレベルが劣るかといったらそんなことは全くございません。技術レベルの高さに震えるくらい。日本女子フィギュアは再び黄金時代を迎えるのだという事に心躍るばかりです。当然、西日本でも熱き戦いが繰り広げられたのです。
以下覚書。長いです。

続きを読む

秋ドラマ

今期見ているドラマは、あさが来た、偽装の夫婦、遺産争族、コウノドリ、サムライ先生、掟上今日子の備忘録、下町ロケットになります。こうやって書きだしてみると意外と少ないな。もっと見てると思ってました。
終わってしまったのですが、好きだったのがデザイナーベイビー。黒木メイサ演じる主人公速水刑事の立ち位置が面白いドラマでした。新生児誘拐事件に関わる彼女の立ち位置はあくまで観察者だったんですよね。そのあり方が面白いなあと。あとはなんといっても安達裕美がよかったです。彼女が出ると画面内の空気が不穏になるんですよね、それがまたいいのです。彼女の役は白血病の息子の骨髄ドナー目当てで子供を授かった女性です。そして、大事な骨髄ドナーである新生児が誘拐されてしまったのです。もうねー母親のエゴと狂気をあますことなく体現してて素晴らしかった。「私が産んだ子なんだから、この子をどうしようが私の自由だ」というようなセリフがあるのですが、これってすごくどきってするセリフなんですよね。母親と子供は全く別の人間であり、子供は母親の所有物ではないし、その人生に関わることはあっても支配することはあってはないことです。通常ならばわかっているはずの事が非日常の中で麻痺してしまう感覚は恐ろしい。息子のためを思ってする行動が娘にとっては危ない行為*1だっていうの込みでエゴって恐ろしい。周りを見ることができなくなって極端に視野が狭くなるのがエゴなのかもしれません。
今作では妊婦だった速水刑事ですが、産休育休取ったあと彼女がどう変化するのかしないのかが気になります。見たいなー続編。

*1:臍帯血のみという約束だったが臍帯血が使えず新生児である娘を骨髄ドナーにしようとしていた。新生児をドナーにするのはさすがにまずい…。

三カ月

こんにちは、お久しぶりです。気がついたら三カ月あいてました。今までこんなあけたことなかったのに…。季節も気がつきゃ夏から秋へ。私と娘たちもそれぞれ年を重ねました。
長女は中学生活に慣れてきてペースつかんで頑張ってるように感じます。中学最初の定期テストでは小学校気分でテストにのぞんで凹んでたけれど、反省を生かして取り組んでるのでそういう経験も必要だったのかなって思いました。ここ3年くらい固定していた長女の交友関係も中学に入って動きが出てきてますね。まだまだこの先色々変わってくんだろうなあ。小学校までは年上年下を意識することはさほどなかった様子だったのが、中学入ってから急に意識するようになったのは興味深いなあと思います。幼稚園時代から集団生活の中で年齢を意識するような指導はされてきたけれど、それまでとはちょっと違う感じ。大人に意識させられてるというより、子供同士で意識しあってる感じ。なるほど、これが思春期というやつなのかーというふうに見ております。いよいよティーンの仲間入りを果たしたわけですがこれからが楽しみでもありちょっと怖くもあったり。まあ色々ある年頃ですからね。
交友関係が大きな変化を迎えたのは次女も同じ。でもってめっちゃ活発的に楽しんでおります。すごいな、あの内弁慶で外では自分の思いをなかなか伝えることができずにいるのがデフォルトな子だったのに。そんな時代があったなんて全然感じられないように見えるもの。成長するものですねえ。未だにちょっと信じられないくらい。まだまだ伸び代いっぱいあるはずだ。
私はといえば、ゆるりゆるりと暮らしております。先日、何故か1日だけ38度出てビックリしたりもしたけれど基本健康で元気。健康であるありがたみは年重ねるほど感じるものですね。

ザアイス@モリコロ 30日午後公演

毎年恒例のザアイス@モリコロに行ってきました。今年も期待を裏切らないステキなショーでした。来年も楽しみ。
以下覚書。

続きを読む

インテリアデザイナーはじめました。

娘と3人で森生活をはじめました。今回はハッピーホームデザイナーってことでおうちやお店などの公共事業のデザインができちゃうのです。これがねー楽しくって楽しくって。やり始めたら止まらないんです。自由度が高いゲームだから色んな遊び方ができるんですよね。3DSからついったに写真をあげてる人たちを見てると同じテーマでデザインするのにこんなにも違うものができるんだって見ててワクワクしちゃう。
とりまこの夏はホームデザイナーとしてやりこむ予定です。楽しい。大人も子供も問わず楽しめるのっていいなあ。